都内ホテル
日本庭園ライトアップ
鏡花水月

都内ホテル内にある約2万平米の日本庭園を演出。 「庭園と人をつなぐ」をコンセプトに、和の魅力や文化や四季で移ろう庭園の表情、昼と異なる夜の空間を季節ごとに訪れた方に伝えるために四季折々4つのデザインで表現。 「鏡花水月」とは、鏡に映る花と水に映る美しい月の意で、目に見えても実際に手に取れない儚い幻のたとえ。 その意を、庭園の池を「鏡」、色づく紅葉や桜を「花」、木々に浮かび上がり揺らぐ光水(ひかりみず)を「水」、そして東の空に浮かぶ「月」全てが織りなす瞬間に「鏡花水月」が浮かび上がる。